薬剤師の転職は勉強が必須!職場によってぜんぜん違う仕事内容

薬剤師として転職を考えているあなた、
「こういう職場で働きたい」と思った場所について勉強はしていますか?
一言で薬剤師と言っても、職場によってその仕事内容はまったく異なるものです。
本当にその職場で自分がやっていけるのか、適応できるのかを知るためにも、
まずは「勉強」をすることから始めましょう。

薬剤師の転職~勉強して薬剤師の現状を把握する

まず、転職をするなら「薬剤師の現状」について把握しましょう。
医療業界の仕事は、時代によって求められるものがどんどん変化しています。

つまり、あなたが知らないうちに、
世間が求める「薬剤師の実像」が変わっている可能性もあるということ。
例えば、今は「訪問看護」が盛んになっていますよね。
その流れから、薬局でも薬剤師の在宅訪問を行うところが増加しています。
今後この流れは拡大すると言われているので、
調剤薬局に転職するなら「訪問看護ができるかどうか」も重要になってくるでしょう。

これまで、薬局で働く薬剤師に求められるものは
「薬局を訪れたお客さんに薬を処方する」というものでした。
でも、今後はそれ以上のことが求められるわけです。

こういった現実をきちんと勉強せず、自分の中のイメージだけで転職を決めてしまうと、
ニーズと自分のやりたいことに差が出てしまうこともあります。
まずは、きちんと情報収集をして「今、薬剤師に求められること」について把握しましょう。

薬剤師の転職~勉強をしてスキルアップをしませんか?

薬剤師として求められることは、時代によって変化するというお話をしました。
そんな中で、より高度な知識と技術があることを証明したいなら、
「認定薬剤師」になることを目指してみるのも手です。

「認定薬剤師」とは、
「特定の分野において高い知識を持っている」ということが証明できる資格。
「研修認定薬剤師」「がん薬物療法認定薬剤師」など、いろいろな種類があります。

もしあなたが「がんについての知識や薬物についての知識だけは負けない」と思うなら、
「がん専門薬剤師」を目指してみるという手も。専門性が高い資格なので、
スキルアップをしたいと考えている人にはぴったりです。

薬剤師の転職は勉強をすることからはじまります

薬剤師の転職は勉強をして
「今この現状で、自分にどんなことができるか」を見極めることから始まります。

もしあなたが「新しい業界に飛び込みたい」と思うなら、
その業界で本当にやっていけるかどうかの情報収集をすること。
その為にスキルアップが必要なら、勉強をして資格をとること。

まずは「自分にできることは何か」という情報を集めましょう。
情報収集をするなら、薬剤師の転職サービスサイトで
エージェントを頼ってみることをオススメします。
転職のプロであるエージェントに、
薬剤師の現状や必要なスキルアップについて相談をしてみるのはいかがですか?

薬剤師の転職サービスサイトへの登録はこちらから↓

>>エムスリーで勉強の成果を活かせる薬剤師 求人を探そう。

Copyright(c) 薬剤師の転職について考える - 今の職場を辞めたい人へ All Rights Reserved.