薬剤師の転職 アロマに関わる仕事があるってご存知ですか?

薬剤師の仕事って、病院や調剤薬局などをよく連想しますよね。
でも、医薬品だけでなく「アロマ」「漢方」に目を向ける薬剤師も増えています。
お薬の処方も大切ですが、それだけでなく「病気を防ぐ」という意味で、
漢方やアロマに注目している薬剤師が多い様ですね。

薬剤師の転職 アロマって何だろう?

そもそも、「アロマ」というのはどういったものを指すのでしょうか。
アロマというのは、日本語で「香り」という意味。
ハーブや花、フルーツなどから抽出した香りを使うことで、
気持ちを落ち着かせたりホルモンの活動を活発化させたり・・・
ということを、「アロマテラピー」と呼んでいます。

もちろん医療に関わる行為ではありませんが、
いい香りを嗅ぐとなんとなく気持ちが安らいだり、のんびりできたりしませんか?
こういった作用を上手に使ったのが、アロマテラピーなのです。

このアロマテラピーは、「病気の予防」に使用されることが多いです。
薬ではありませんので、そういった意味での予防はできませんが、
アロマを使って定期的にストレスを抜くなどすることで、病気を防ぐことが
できる可能性がありますよね。
そういった意味で、アロマテラピーに注目が集まっているのです。

薬剤師の転職 アロマに注目する薬剤師

医薬品を扱うことは薬剤師の仕事のひとつですが、
今は漢方やアロマに関心を寄せる薬剤師も増えています。

特に、漢方の世界には「未病」という考え方がありますよね。
「病気になりそうな状態」を指す未病を改善することで、
病気を防いでいこうというのが漢方の基本的な考え方。

アロマにも似た様な作用が期待されていますので、
こういったものを使いながら病気にならないように工夫していこう・・・
という薬剤師がいるのです。

病院や調剤薬局でアロマを扱うことは少ないですが、
それでも雇用がまったくない訳ではありませんので、
探せば転職先を見つけることができるでしょう。

薬剤師の転職 アロマに詳しい薬剤師を目指してみませんか?

アロマテラピーは若い人にもなじみが深く、興味があるという人も多いです。
それだけに、アロマに詳しい人材の求人や雇用もあります。

まずは求人の情報に関する情報を集め、積極的なお仕事探しをしてみませんか?
アロマの世界でも、医療の知識は必ず役立ちます。
むしろ、病気について詳しい知識を持っている人材だからこそ
「アロマの選び方」に深く関われるというメリットもあるでしょう。

もし、あなたが薬剤師としてアロマに関わっていきたいなら、
転職サービスサイトを利用したお仕事探しをお勧めします。

>>リクナビ薬剤師でアロマが活かせる薬剤師の求人を探そう。

Copyright(c) 薬剤師の転職について考える - 今の職場を辞めたい人へ All Rights Reserved.